前へ
次へ

不動産登記にはどんな情報があるのか

新たに不動産を取得しようとするとき、まずは希望の場所や条件などを決めるでしょう。
そして自分の足で探したり不動産会社に依頼をして探してもらったりします。
何とか条件に合う場所が見つかり購入したいとなったときにその前にあることをするように言われるかもしれません。
それは不動産登記の内容の確認です。
立地などを見ればそれだけで売買してもよさそうですが、なぜ不動産登記を確認しないといけないのか不思議に感じるかもしれません。
実は登記内容を見ることで色々な情報が分かるため、必ず確認するようにしましょう。
まずその不動産が誰の名義であるかがわかります。
売買をするときは売主がいるでしょうが、もし名義人が売主でない場合はなぜそうなっているかの確認ができるでしょう。
その他その不動産に付着している権利義務があります。
土地だけを見るとわかりませんが、実際にはいろいろな権利があり自由に使えない可能性もあります。
その他その不動産の住所や面積などの情報もあります。

Page Top