前へ
次へ

不動産登記を、専門家に任せるメリットとは

土地、建物といった不動産を購入したり、相続した場合はなるだけ早めに、登記する事をお勧めします。
登記をしない場合第三者に対して、不動産に対して持つ自分の権利を主張する事が出来ません。
不動産登記自体は、自分自身で行う事が出来ます。
ですが何らかのトラブルが生じた場合、誰も責任を取ってはくれません。
リスクを回避する為にも、不動産登記の専門家である司法書士に任せたほうが確実です。
報酬を支払ってでも、専門家に任せるメリットは3つあります。
1つ目が期日までに、正確に登記申請手続きが行えるという点です。
不動産の売買や金融機関から融資を受ける場合、期日までに必要な手続きが行われる必要があります。
名義変更や抵当権の設定といった手続きが遅れてしまうと、土地そのものの権利者であると主張出来なくなったり、融資が受けられなくなる可能性もあるのです。
他人任せにするよりも、専門家に任せたほうが安心感を得られる可能性は一段と高くなります。

中古マンション×リノベーション【東京Tリノベ】

仲介手数料なしだから大阪で高価不動産買取

2つ目が、トラブルを未然に防げる点です。
司法書士は専門家として、中立な立場に立って不動産取引の安全を守っています。
不動産取引に、トラブルはつきものです。
司法書士は、不動産に関する豊富な専門的知識を有しています。
それを駆使し紛争、トラブルを未然に予防するよう最善を尽くしますから、取引に際し不安を感じる事はありません。
3つ目が、様々なアドバイスを貰えるという点です。
不動産登記を依頼すると、一定の報酬を支払わなくてはなりません。
その対価として、依頼者は様々なアドバイスが貰えるのです。
例えば不動産(住居用)を購入した、減税措置を受けられるケースがあります。
司法書士に依頼すると減免措置の要件を満たしているかどうか、事前にチェックして貰えるのです。
満たしていると判断した場合、それを受けるために必要な証明書等をどう取得するのかをアドバイスします。
司法書士へ報酬として支払う金額は、トラブルが発生した時に生じる損害に比べ非常に小さい金額です。
後々後悔しない為にも、司法書士へ依頼する事をお勧めします。

Page Top