前へ
次へ

不動産登記は速やかに行いましょう

不動産を売買したり相続したり、また、遺贈や贈与などを行うと、売主から買主に不動産の所有権が移ることになります。
その場合に法務局で行うのが不動産登記です。
法務局で所有権の移転登記が行われるのは、実際に不動産の所有権が移転した場合であり、具体的には先ほど申し上げたように、売買、遺贈、贈与、相続などが主な原因になります。
法務局で所有権移転登記を行うのは第三者に対抗するためですが、誰でもその事実を見られるようにするためでもあります。
例えば不動産会社などから不動産を購入した場合、対象となる土地の所有権移転登記を行う前に、同じ不動産を売主が他人に二重売却し、その別人が先に所有権移転登記をしてしまうと、最初に購入した人自分の所有権を主張できなくなります。
そのため不動産を購入した時は、速やかに所有権移転登記を行う必要があるのです。
登記手続きは迅速に行う必要がありますので、不動産登記の専門家である司法書士に依頼する人も少なくありません。

Page Top