前へ
次へ

不動産登記制度と登記の効果

不動産登記は、土地並びに建物の場所や抵当権というような権利設定のあるか否かなどの重要な情報を登記簿に記す制度になります。
そうしておくことで、どの土地や建物が誰のものであるかを客体的に明らかにすることができます。
そして、不動産登記は、表示に関する登記及び権利に関する登記があります。
表示に関する登記と言うのは、場所などの種別についての登記を指し、土地家屋調査士が実行することができます。
それに対し、権利に関する登記は、不動産のオーナーや担保権の有り無しを記録するものであり、司法書士が実行することができます。
不動産登記については対抗要件になります 売買取引で、1つの土地が複数人に売りに出された場合、土地のオーナーが誰なのかがわからなくなります。
そういった時、登記を先に済ませた者が所有権を自分のものにすることになります。
これを、対抗要件と言っています。
誰からも所有者と公認されるためには、法務局を通して不動産登記を実施することが不可欠となります。

Page Top